〒340-0027 埼玉県草加市両新田西町112-2
TEL.048-924-1319 FAX.048-926-7627
お問い合わせ
English

社会貢献活動

共同用途開発・共同販売も可能なご提案をさせて頂いております。

『ヨーソ君®』

無色ヨウ素水溶液による抗菌消臭を目的とした溶液

『ヨーソ君®』の開発は、大手ケミカル会社製造のヨウ素系溶液を使用して弊社が独自に配合し生地への機能性付与するにために開発された無色ヨウ素水溶塗液です(特許申請中)。高度化処理した純水ヨウ素含有水溶液を噴霧すると、多種多様な生地・基材に「スプレー噴霧+熱乾燥」処理をすることにより機能性が固着し長期持続維持させることが可能です。

【成分】

感染対策に優れた殺菌効果に加え、即効性があるヨウ素と水溶液と環状オリゴ糖(植物性とうもろこし粉変性タイプ)であるシクロデキストリンでカプセル化した新開発の無色ヨウ素含有水溶液です。

【機能性効能・効果】

ヨウ素の効果は、ウイルス・細菌の不活性効果が認められ、大腸菌や黄色ブドウ球菌・肺炎かん菌などの様々な菌に対する抗菌性が認められております。また、シクロデキストリンはヨウ素効能を持続させると同時に抗菌・制菌・消臭の効果も併せ持っています。

【使用用途】

衣類やシーツ・枕カバー・手袋・カーテンなどの生地及び不織布全般・テーブルクロスなど樹脂及ぶフイルム全般・ガラス・木工材・金属全般。基材に本溶液が残留している期間は抗菌・制菌・消臭は持続可能。

【使用方法:簡易スプレー噴霧タイプ】

  • ※ご使用前によく振ってください。
  • 基材に均一(5回前後)に噴霧した後、アイロンがけ(中温140℃前後)又は、ドライヤー風(80℃以上)で十分加温し噴霧液を熱乾燥させることで基材に固着します。(再洗浄後の機能低下を防ぎます)
  • 同一部位への基材への連続スプレーは5回前後を目処とし、十分換気の良い場所で行ってください。
  • 塗液成分を加熱固着せず洗浄及び払拭した場合、再利用の際は、再度噴霧をして性能を維持させて下さい。

※直接肌に触れないアイテムでの使用は、未加熱状態での1回の噴霧で持続効果は1ヵ月程度の維持可能。
※直接肌への噴霧は避け、肌に直接触れるアイテムへの使用の際は十分熱乾燥後、洗浄したのちご使用をお勧めします。(機能性効果の維持安定が計られます)

【保管及び取扱い注意】

  • 直射日光の当たらない涼しい場所に密栓して保管してください。(紫外線光に直接あたるとヨウ素成分が黄色変色します)
  • 小児の手の届かないところに保管してください。
  • 万が一使用により、アレルギー症状(ヨウ素成分・環状オリゴ糖成分による)が出た場合は直ちに使用を取りやめ、医療機関で診察をしてください。
  • 噴霧する場合は、マスクを着用、目の保護眼鏡及び保護手袋を装着し換気の良い場所にて行ってください。
  • 目・口に入った時には洗浄し速やかに医師にて診察を受けてください。
  • 特に濃彩色服等には予め限定的に塗布確認をしてください。ガラス・樹脂板等の透明板や鏡面板表面に噴霧し乾燥すると、アンカー剤である環状オリゴ糖成分により淡白色シミの発現が目立つ場合は、乾燥前に真水にて軽く払拭してください。
  • 液中に白い沈殿物が発生する場合がありますが、性能に問題は御座いません。
  • 液だまり部分の輪郭は黄色く変色する場合がありますので、液だまりは拡散して乾燥させて下さい。

【安全性の確認】※特定生地固着による検査結果

  • 抗菌効果は、一般財団法人ボーケン品質評価機構殿よりJIS L 1902 箇条8.1菌液吸収法により特定生地での検査で確認されました。
  • 抗菌活性値は、一般財団法人カケンテストセンター殿で抗菌加工の効果(洗濯50回後)に関して高い抗菌活性値が確認されました。
  • 皮膚刺激テストは、㈱生活科学研究所殿よりヒトパッチテストにて「5.0以下の安全品と判定」合格認定。
  • 細胞毒性効果は、一般財団法人ボーケン品質評価機構殿より「確認されない」との結果を受けました。
  • 残留ヨウ素試験は、㈱産業分析センター殿よりEN14582(2016)準拠による燃焼炉/1Cの試験結果により生地にヨウ素が残留していることが認められました。(但し、140℃完全熱固着による)

「ヨーソ君Ⓡ」に含有される環状オリゴ糖(シクロデキストリン)は日本食品分析センター殿により抗菌性があることが認められております。

※生地固着による本溶液の公的機関での安全承認確認であり、ご使用に際しては十分注意を持って取扱いをお願い致します。


「自立型移動式造水装置型(600L/時間)の造水器の開発」(特許取得済み)

本事業では、従来に無い「自立型移動式造水装置の開発」であり1時間に大量造水(600L)可能な複合的装置開発事業を行う。具体的には自然災害の発生で生活インフラが喪失した中、高性能な太陽電池パネルから発生する電源を利用し必要不可欠な生活水・医療用水の確保と一時電力供給可能な蓄電システムを備えた製品開発を行っております。